ジョイフルトレインの部屋 東北地方太平洋沖地震で亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、被災者の皆様が一日でも早く元の生活に戻ることができるように願っています。

最近の記事
新ブログについて&ブ…
05/05 00:49
キハ181系廃車回送
04/11 18:37
しんどいorz
04/11 16:39
春休み撮影記
03/27 23:48
JR東海の対応につい…
03/15 17:05
期末終了~東日本大地…
03/15 16:44
テストだるいなぁ…
03/04 00:04
キハ181系ラストラ…
03/03 23:58
テスト投稿
03/03 22:24
北陸遠征(その1)
12/25 00:37
最近のコメント
最近けっこう流行っ…
岡村 05/16 04:20
突然の書き込み失礼…
最近の流行 05/12 03:55
女性が自己主張をしや…
女の性欲 05/11 13:58
今流行のボーイズラブ…
ボーイズラブ 05/10 13:07
まったく新しい即逢い…
即逢い 05/08 13:46
新ブログ、楽しみにし…
kokuden101 05/07 14:37
即会いOK!出会いが…
即会い 05/07 13:52
今は面倒な恋人よりも…
ヤリ友 05/06 15:19
ヴィクトリアマイル …
ヴィクトリアマイル 05/03 13:05
空前の大ブームを巻き…
ワンピースチェッカー 05/02 13:15
最近のトラックバック
キハ65の国鉄色再び
12/27 00:04
10月10日 その1
10/23 23:01
【くろがね線を読み解…
09/10 00:53
5月29日
05/31 21:57

福知山線旧線跡をたどる(生瀬~武田尾)

先日、前半として、武田尾~道場間の廃線跡について、記しましたが、今日はその武田尾~生瀬間の人気コースについて、書こうと思います。

前回紹介した、現在は駐車場になっている旧武田尾駅付近。線路跡を活用した道路は、まもなく右にカーブし、下に下りますが、線路はそのまま直進していた模様です。(現在、その部分は、一部小さな畑になっているほかは、荒れ放題の高台ですが、そこにはレールがまだ残っているとの情報もあり、冬に確かめたいと思います。)線路跡と再び合流するのは…道路がくだったあと、廃線後に新しくつけられた階段を上がり、旧武庫川第?橋梁を渡る地点です。

この画像で言うと、左側の方向が線路跡の荒れた高台となりますが、その中の一部分にレールが数メートル放置されているとのことです。
僕らは、この鉄道橋を右方向へ進みます。


ここより数百メートルは、西宮市が管理し、整備された遊歩道となり、広場もあります。桜のシーズンは相当の花見客でにぎわうそうです。枕木やキロポスト、勾配標、速度制限標識が残されています。

出現した最初のトンネル、長尾第三トンネルです。カーブしていますが、出口は近いです。

反対側です。近代的なトンネルです。

廃線跡は、ほとんど武庫川沿いに存在しているため、のどかな渓谷ハイキングが楽しめます。たった一つの簡易柵だけでこんな断崖絶壁を昔の福知山線は通っていたんですね。それが現在は…時代の流れは遅いようで、早いです。

長尾第二トンネルです。90メートルほどしかなく、直線なので、出口の光が見えています。第三トンネルと違って、古風な感じのトンネルです。

反対側ですが、なんか森みたいな感じがします。ちなみに、トンネルのところにある、「トンネル内照明なし」という看板は、機関士さんへの注意喚起のための看板だそうです。こちら側の橋梁は、ハイキング道の整備にあたり、横のいらない柵が新製されてしまいました。

この長尾第一トンネルの手前に、問題のJR西日本が設置した渓谷看板があります。看板を避けて、撮影したために、最悪な写真になっています。(カメラの性能も影響しています。)
水たまりなどもあり、歩きにくいです。また比較的長いので、懐中電灯は必須です。

反対側…そしてトンネルを抜けるとそこには・・・

廃線跡のクライマックス、武庫川第二橋梁です。赤茶けたトラス橋とその上を通るスリルに興奮しました。通るのは、保線員がかつて、通っていた犬走りと呼ばれる小さな通路です。橋梁上には線路も残っています。

溝尾滝トンネルです。トラス橋を出てすぐに入ります。昔はたのしかっただろうなあ・・・

北山第二トンネル内部。壁には、蒸気機関車やDLのすすがへばりついていました。あと、2段構造になっています。

速度標識とからめて

U君がはしゃぎだしました。

北山第一トンネルです。右側の空き地は、昔、旧旧線が通っていました。すなわち、このトンネルが最も新しいトンネルということになります。

武庫川第一橋梁です。またわけのわからん看板が・・・ではなく、これは現役のときに、保線員の方や侵入者への注意のために設置されたものです。なお、橋の上は、人が歩けるよう、板をはりつめて、整備されています。

中国自動車道が見えてくると、廃線跡も終わりです。(事実上)
またしても、小さな橋がありました。

廃線跡の終息、消滅部分です。新しい道路の整備の際、埋められてしまいました。 
つづく
投稿者 ジョイフル 17:58 | コメント(0)| トラックバック(0)
トラックバック
こちらの記事へのトラックバックは下のURLをコピーして行ってください。
コメント
この記事へのコメントはありません。
名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:
<<  2010年 5月  >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
kokuden101のblog
raicho485のblog
パス掲示板支社
white blueのblog
福島急行のblog
なはつきのblog
yosisiaさんのblog
新ジョイフルトレインの部屋(NEW BLOG)
ホビダス[趣味の総合サイト]